ゾンビ映画

映画【デッドライジング・ウォッチタワー】感想&ネタバレ「原作リスペクト映画」

映画デッドライジング・ウォッチタワーの感想&ネタバレです。

原作はカプコンから発売されているゲーム「デッドライジング」です。カプコンのゾンビゲームといえば、「バイオハザード」があまりにも有名ですが、「デッドライジング」も面白いですよ!

4作目まで発売されていますが、この映画はゲームの1~2作目あたりを知っている方にはぴったりです。原作ゲームの特徴を惜しみなく映画でも表現しているので、原作ファンはより楽しめますよ。

f:id:taccma:20180414003141j:plain
Amazon

あらすじ

ジャーナリスト、チェイス・カーター、ジョーダンは、FEZA (ゾンビオーソリティ) によって、壁に囲まれたエリアの取材を試みる。 そこでは、ゾンビウィルスの治療が試みられていたが、治療の失敗で街中にゾンビウィルスが広がってしまった。 彼らは、政府がゾンビを消滅させるための空爆作戦の前に、この街からの脱出を図る。

Hulu  

今作のゾンビ
  1. ダッシュはしない。でも早歩きくらいのスピードは出る
  2. 噛まれると感染する
  3. 感染してもゾンブレックス(薬)を投与すればゾンビにならない
  4. ゾンビという存在が社会に認知されている
スポンサーリンク

感想

映画「ゾンビリミット」に設定が似ていますね。感染しても薬でゾンビ化を抑えることができる点や、社会的にゾンビが認知されている点など。

ゾンビリミットの記事はこちら

映画【ゾンビ・リミット】感想&ネタバレ『新たなタイプのゾンビ映画は一見の価値あり』 – マニムビメモリ

でも映画の雰囲気は全然違います。デッドライジングとにかくは派手! !原作ゲーム同様に派手なアクションが見所です。

魅力的なコンボ武器たち

ゲーム版デッドライジングの特徴として、2つの道具を組み合わせてあらたな武器「コンボ武器」を作ることができます。

たとえば「野球バット」+「釘」 = 「釘バット」ってな感じで。

これとこれを組み合わせれば強そうかなー?と考えている時間が結構楽しかったりします。

そんなコンボ武器が映画にもたくさん出てきます。原作好きとしてはかなりテンションあがりました!パッケージでチェイスが持っている武器もコンボ武器ですね。

ゾンビ映画の武器といえば「銃」。たまに「斧」とかの打撃武器も出てきますが、組み合わせて新しい武器を作るのは珍しいですよね。なんだか男心がくすぐられる。

なんでも武器にしちゃえ! 

ゾンビ映画を見ていて感じたことあると思うのですが、もっとそこらへんに落ちているものを使えばいいのにって思ったことありませんか?

もし自分がゾンビの居る世界でゾンビに襲われたら、そこらへんにあるもの投げつけて必死に逃げると思うんですよね。

デッドライジングは道端にある看板も、カラーコーンもゾンビの腕など(これも原作再現)なんでも使って危機を乗り越えます。本作品では銃を使うシーンはほぼありません。

素人がゾンビ戦うシーンは見ごたえありですよ。

当然サイコパスもいるよ!

デッドライジングといえば「サイコパス」の存在も忘れてはいけません。

人間だがイカレタ奴らで、混乱に乗じて暴れまわっています。ゲーム内ではボスとして出現します。

本作品の悪役もゾンビではありませんが、外の退屈な世界を嫌い、略奪し放題の隔離エリアに自ら乗り込んできたやばい奴。

原作知っている方には嬉しい「ピエロ」も出てきますよ。(ゾンビ化してるけど)

軍の胸糞作戦「ウォッチタワー」

FEZA社のゾンブレックスを投与しているのにも関わらず、ゾンビ化する感染者達。原因はなんと軍による陰謀でした。

ゾンブレックスは効かないという風評被害を流して、代わりに一度打てば一年間ゾンビ化しないマイクロチップを埋め込むというもの。

そう、今回の一連の出来事は全て軍の仕業。

マイクロチップを埋め込まれたら、常に軍から監視されてしまう。そんなの皆が納得するはずありません。だからこそこのような悲惨な作戦を実行したのです。

 

主人公チェイスは生き延びますが、軍の陰謀をつかんだパートナーのジョーダンの安否は不明。チェイスと生き延びたクリスタルも結局マイクロチップを埋め込まれてしまいます。

最後にジョーダンの残した証拠をチェイスが見つけるので、その証拠を使って軍の悪事を暴いてほしい!

次回作に期待したいです。作ってくれないかなー。

 

ちなみにゲーム版「デッドライジング」の主人公フランクがニュースのコメンテーターとしてたびたび出てきます。ゲーム同様のキャラクターで映画を盛り上げます。

評価:65/100

 

映画が気に入ったらゲームもぜひプレイしてみては?